まえさちSTORY7~思い出の生活ノート~

中学校の時、生活ノートというものがあって、
次の日の時間割を書いたり、今日一日の出来事を日記にして先生に提出したりするもので、
そんなものがあったこと自体すっかり忘れていたのだが、
実家の部屋を片づけていたらひょこっと出てきた。

f0200331_8505495.jpg

当時V6の三宅健くんに本気で恋してたおバカな私は、この通り、シール貼りまくり・・・
裏もすごいことになってます。

今ではすっかり真面目(?)な私も、昔はかなりぶっ飛んだ中学生だったようで、
生活ノートの中身を見ると、本当にバカな事ばっかり書いてて、自分が書いたものなのに一人で爆笑!今思うとよくこんなバカな事ばかり書いて先生に怒られなかったなぁと思う。
先生もおもしろい先生だったので、そのやりとりがおもしろくて一人でゲラゲラ(^◇^)

ほんの一部をご紹介

私:I like pen.Do you Like Pen?先:ペンが好きなのか?
(覚えたての英語を使ってみたかっただけです)


私:今日は7時から「伊藤家の食卓」があります。
  8時から「学校へ行こう!」があります。
  9時からは・・・
  10時からは・・・
  
先:頭がテレビ漬けでおかしくなったんじゃないか?
(このころはテレビを見ることが生きがいでしたから)


私:今日は寿屋に行きました。そしたら1B(1年B組)の人に会いました。誰とは言いませんが、女子ではないですね。
先:つまり男子ですね。
(私は一体何が言いたかったんだろう)


私:今日は「こんな私に誰がした」の最終回でした。大好きだったドラマがどんどん最終回になっていって何だか寂しいです。
先:次のドラマに夢中になってください。
(先生、勉強しろとは言わないんですね!)


私:私は見てしまった・・・Hくんがはな○そをほじっているところを・・・
先:ほじったはな○そはどこへ行った?
(気になる気になる~)


私:今日は数友(数学の友というドリル)をまとめて20ページしました。さすがに疲れた~!
先:20ページもいっぺんにして頭に入るか!(先生・・・褒めてくれないんですね(笑))


てな感じで、ここに書けないようなもっとおバカなものもたくさんありましたが(笑)
真面目な事を書いてると思ってたけど、バカな内容ばかりで、でもそれが私らしいというとか。
この時は、すごく毎日を楽しんでて、勉強だけじゃなくて色んな事を学んだすごくいい中学生活だっんじゃないかなぁと思う。
あの頃の自分があったから、今の自分があるんだな。

何だか、中学生のころの自分に励まされたような気がする。
もっと毎日を楽しく生きなきゃって。

人生、どれだけ泣いたかよりも、どれだけ笑ったかだからね!
[PR]

by as-maesachi | 2011-06-01 09:21