カラダと向き合い、ココロと向き合う。

室温38度、湿度60%のスタジオ内
静かに目を閉じ
ゆっくりと流れる音楽に身を任せる

サラサラと汗が流れるのも全然気にならないほど集中している

先生の一声でホットヨガのレッスンが始まる

みんなが先生の支持に合わせて動く

周りの人は全く見えなくなるほど
自分の内に集中する

きつさや動きづらさは
人それぞれで
またその日の体調など
日によっても違う


まずはゆっくりと自分のカラダと向き合う
自分はどの部分が硬いのか
どのポーズが苦手なのか
どこまでいけば限界を感じるのか


そして同時に自分のココロとも向き合う
何のためにヨガをしているのか
どこへ向かうべきか
限界がきたとき、自分はどうしたらいいか


途中、体力的限界の波が何度も訪れる
でも、ココロがしっかりしていれば
自分を奮い立たせ、立ち上がれる


もし、心が弱いと
そこから逃げ出すことばかり考えだす


大切なのは自分の弱さに打ち勝つ強い精神

それを乗り越えた後に吹く風は、とても心地よく
生きる喜びを教えてくれる
風に乗ってくるチャンダンの香りがココロを癒す


体全体の力を抜いて
ただ呼吸だけに集中する

日々の忙しさや、不安、全てを忘れられる瞬間


ヨガをするたび
新しい自分になれる


これからは
ゆっくりだけど力強く
感謝のココロを常に忘れない
女性になっていきたい
[PR]

by as-maesachi | 2010-08-18 10:32